Period:April 28 (Mon.) – May 3 (Sat.), 2014
Open: Monday – Saturday
Hours: 12:00 – 19:00 (Last Day 17:00)
Venues: Gallery Camellia
1-9-8 Ginza Chuo-ku Okuno Bld. #502 Tokyo 104-0061
(5 min. walk from Kyobashi St., 6 min. walk from Ginza St.)

The concept of the exhibition:

2006 Cared for my parents after returning to Japan.
My father was diagnosed with spinocerebellar degeneration (an incurable disease of the cerebellum that controls motor function, gradually disappears – all functions of the body is lost while consciousness remains)

“I want you to look after me” my father told me, so I moved him into my home in Chofu. I was hoping for him to live but at the same time I was also hoping for him to die.  My world was restricted to a 100m radius, my only places of existence was LAWSON (a 24 hour convenient store) and my home.  Late one night I found peace.

2008 My father passes away at the same time my mother was diagnosed pancreatic cancer – she was given a life expectancy of 8 months (she received a life-prolonging treatment Hyperthermia in Mexico, Tijuana).

2008 My mother got pancreatic cancer’
We received word from an acquaintance of my mother, saying they knew of someone who had survived for ten years living with liver cancer, after an initial diagnosis of six months to live. The treatment was in Mexico, but there was no hesitation in making the decision to travel to the border city of Tijuana.

2010 My mother passed away.

My mother would always give me fake awards for my photos – the Cannes ‘Uncertain Regard Award in perspective’, my highest honour.

This Exhibition is 9 photos of ‘Uncertain Regard’ in my life.

Mio Kisaca Gallery

キサカミオ展

開催期間 2014年4月28日(月)~5月3日(土)

開催時間 12:00~19:00(最終日は17:00まで)

開催場所 〒104-0061 東京都中央区銀座1-9-8 502号 ギャラリー・カメリア

キサカミオによる初めての個展を開催いたします。

2004年 TOKYO FMのラジオ企画番組において「写真家のタマゴ」として全米横断した彼女が、番組から10年の節目にと、それまで撮りためた作品をカメリアのふたつの空間を使い発表いたします。

何気ない日常の風景から切り取った一瞬は、時間をかけて丁寧に丁寧に描いた絵画の様です。

キサカミオの10年を象徴する作品となっています。

これからがとても楽しみなカメリア期待の作家ですので

是非ともご高覧ほどよろしくお願い申し上げます。

ギャラリー・カメリア 原田直子      http://www.gallerycamellia.jp/

初個展開催において

2006年帰国後 両親の介護生活に入る
父 脊髄小脳変性症発症 (運動機能を司る小脳が徐々に消滅し、意識はありながらも身体の全機能が失われる難病) 2008年他界

2008年時を同じくして 母 膵臓癌にて「余命8ヶ月の宣告」 (知人からの紹介で、メキシコ ティファナにてHyperthermia治療を受け2年延命) 2010年他界

「おまえに看取ってほしい」 そう父が言うので、離婚していた母の承諾もなかば強引に、
脊髄小脳変性症を発症した、なれのはてを、調布へと引き取った

絶え間ない痰の吸引と、下の世話に、死なないでほしいと死んでくれが渾然一体となった深夜、唯一LOWSONだけが生き甲斐の半径100mの世界

そのさなか、 懇談会帰り「膨満感だ」と言い張る母へ、寝耳に水のごとく浴びせられた「膵臓癌にて余命8ヶ月」の宣告

ー 知り合いに肝臓癌で余命半年だと言われてから10年生き延びてる ヤツがいるんだよ

母の顧客から届いた一通のメールは一か八かの親娘にひとつの 選択肢を与えた 国境沿いメキシコ ティファナでの癌治療 ー 迷いはなかった

「カンヌのさ、’ある視点賞’ってあるじゃない あれ美生にあげるよ」
誰も気にとめもしないものばかりをファインダーに収めるわたしに、母は度々賞をくれた

わたしと、わたしの家族にまつわる10年の、ある視点 9点です

キサカミオ